fc2ブログ

モノクロ写真って難しい?

Tory
写真・動画
このカテゴリ一覧を見る
18
コメントの投稿
モノクロモードで写真撮影
昨日知り合いから「写真はモノクロで撮る方が難しんだよね?」と聞かれたので

あまり考えずに「別に変わらないでしょー」と答えたえちゃいましたw

mono00.jpg

そういえば・・・
今までデジタルデータでカラーからモノクロに変換するのは何度もやってましたが

モノクロで撮ったことないなーと


なのにテキトーに答えた私・・・(・・;)

気になったので実際にモノクロの設定で撮ってみることに。
恥ずかしながら、生まれて初めてモノクロ撮影です(笑)

mono04.jpg

ん?あれ?なんかイメージ通りにいかない・・・

色の要素が抜けただけで、ぐっと物足りない感じになりました。

mono03.jpg

撮る場所も悪い。うーん何かすっきりしない。

もしかしてモノクロ写真難しい???


モノクロ写真を想定するなら
モノクロモードで撮ってみて・・・
別にモノクロ設定で撮影はしなくても良いとは感じました。
銀塩写真と違って本来デジタルカメラはフルカラーでしか撮影しないのでモノクロモードはフルカラー画像かからカラーの情報を取り除いてるだけなので・・・

mono02.jpg

ただ、カラーから後でモノクロ写真に変換するにせよ
撮影条件や物を見て頭の中でモノクロに置き換えられる訓練はあっても良いのかなーとは感じました。
明暗の差を考えたり、被写体のディテールをしっかり出るように考慮したりするのかなーと。

そういった意味でもモノクロで表現しようとすると基本が学べるんでしょうかね〜???


カラーからモノクロに変換すると・・・
私はPhotoshopを使うのでそれで・・・
カラー写真は色相・彩度・明度の3つで構成されています。

mono_sikisosaido.jpg

Photoshopにもあるコントロールで「色相・彩度」といのがあるのですが、ここで3つのコントロールが出来ます。
このうちモノクロ場合の尺度は明度のみになります。
※因みにこのダイヤログはカラーにしか適応されません。

mono_henkan.jpg
図のようにカラーだとひときわ違いがハッキリしているブロックの区別がモノクロすると・・・
なんか似通った感じにみえてメリハリのないコントラストになっています。

それは色相は違っても明度は近いということです。

モノクロ写真は白と黒の明暗でしか表現が出来ないので、図のように近い明度だとコントラストがでなかったり、明暗の差が少ないと眠たい写真にもなります。


違いが出やすい=覚えやすい?
デジカメにも表示されるヒストグラム。
細かい階調に合わせた超細い棒グラフみたいな感じ。

下記のトーンカーブの図はそのヒストグラムのグラフ上で明るさや濃さがコントロールできます。

monoRGB.jpg

ちょっと見難いですが・・・^^;

カラーだと調整するところが4パターンもあり、モノクロだと明度のみの1パターンのカーブしかコントロールしません。

Photoshopでトーンカーブを覚えるにはモノクロが分かりやすく、先ずは明暗のコントロールを使いこなすにも速道です。

そういった意味でも明暗による違いが顕著に現れるモノクロ写真は難しいのですが、逆に言えばわかりやすい?露出なども覚えやすいのかな〜と、その分ごまかしが効かない感じもしましたが・・・


モノクロ写真から受ける印象
こんだけ書いておいてなんですが・・・
未だ写真を撮るのは得意じゃない私(;・∀・)

写真を見ることは好きなのそこから受ける印象は強いです。

モノクロ写真は明暗のみで形を表現。
その良さは余計な情報がなくなって単純化されることで主題がハッキリ感じられる。

mono_hashi.jpg

カラーだとなんの感情も受けない構造物も、明暗と形で表現さえることでちょっと違うような・・・

mono_hashiG.jpg


リアルか非現実か・・・
カラー写真は目でみたものに近いためか、即時性があってリアルさを感じます。
(もちろんスローシャッターなどはカラーでも非現実感たっぷりの世界ですが・・・)

mono05.jpg

しかしモノクロだと経過時間の意識がなくなりなんとなく現実感が薄れて来ます。
カラーより情報の要素が減ったことで、少し深い印象を受けました。

mono05G.jpg


深くて遠い感覚
なんとなくですが、モノクロ写真は人の動きだったり表情の瞬間をとらえても、見た目のインパクトよりその奥を考えてしまいます。
この人は何を思ってるんだろう?この人コレからどうするんだろう?動作や表情から受ける感情が見た目以上に奥深い気がします。
色で情報を見ない分想像力はこちらの方が上なのかなーと感じています。

タイトルの・・・
モノクロ写真って難しい?
は結論としてはよくわかっていませんが・・・
そもそもモノクロ写真について考えることが奥が深すぎて難しいことがわかりました!

そういった意味では難しいのですかねー
相変わらず気になるとそのままに出来ずいろいろかき回して考えてしまいます(^_^;)

また気になったらいずれ・・・



にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ デジタル一眼(Canon)へ
にほんブログ村


SHARE

コメント 18

There are no comments yet.
マーシ
2016/03/27 (Sun) 20:52

こんばんは!

モノクロ写真大好きです!
でも、自分ではあまりモノクロにしません、というか、できません・・・。
自分のテクニックでは、モノクロにすると伝わる写真にならない気がして…(>_<)

猫ちゃんの作品、モノクロにすることにより猫ちゃんが何かを想っているような、そんな印象を受けました。
とても素敵な作品ですね!

Tory
2016/03/27 (Sun) 22:39

To マーシさん

マーシーさん訪問、コメントありがとうございます!
私はモノクロどころかカラーすら撮るのは慣れてないので(;・∀・)
モノクロなんて今日始めて撮りましたし・・・(笑)

マーシーさんは結構素敵な写真を沢山撮られてるのに
それでもモノクロで表現するって難しいんですね〜

にゃおぐらふぁー
2016/03/28 (Mon) 10:17

こんにちは
最近のデジタルカメラはモノクロモードもありますので
お手軽にモノクロを体験できるようになりましたよね
フィルムのモノクロとデジタルのモノクロで一番違うのは
なんといってもモニターで見るか紙焼きのプリントで見るのか・・・
と言うことではないでしょうか。
もっとも、これはカラーでも同じことですが、モノクロペーパーは
面質やペーパーの白自体の色味の違い等によっても同じ処理でも
随分と結果に差が出てきます
またフィルムとデジタルでは諧調再現(ダイナミックレンジ)にも
違いがありますからカラーであれモノクロであれ、全く同じという
ことでもなかったりします
この辺りをRAWで扱っていく訳ですがなかなか奥の深い話になっていきます(笑)
インクジェット用のペーパーも光沢から無光沢まで様々な種類がありますが
特にモノクロの場合光沢とバライタと呼ばれている高価なペーパーでは仕上がりに
かなりの差が出てきます。モノクロ本来の美しさを楽しむのであればバライタが
お勧めです。
もしモノクロに興味がおありになるのであれば、アンセル・アダムスをググッて
みると奥の深い話が出てきますので、是非。

Tory
2016/03/28 (Mon) 12:04

To にゃおぐらふぁーさん

にゃおぐらふぁーさんこんにちは!

紙についてはいろいろ見てきたので何となくイメージできますが、デジカメのダイナミックレンジは特によく判らないです。
RAWデータをイジったことはありますが、デジカメでもかなりの情報が記録されていて、塗り潰されたようなシャドー部分にもしっかりしたディーテール情報が残ってました。
しかし私はカメラマンじゃないので容量の大きいRAWデータは殆ど使いません。

今はCTPですがフィルムのイメージセッタ時代は印画紙といえばバライタ紙だったので、確かにその時に見たモノクロ階調のきめ細かさは美術品レベルでした。個人的には最近見なくなって忘れてましたが、インクジェットでもバライタ紙が綺麗にプリント出来ることは知りませんでした。インクジェットはPrinterの性能差がモロに出る気がしたので考えたこと無かったです。

アンセル・アダムス・・・
奥が深いです!私には深すぎて・・・
判らないなりに興味をもって調べていたら少しは何か見えてくるんですかね~w
ゾーンシステム難しいですが興味深いです。色々勉強になります^^;

それにしてもにゃおぐらふぁーさんめちゃめちゃ上手に撮りますねー
いつも猫ちゃんの写真楽しませてもらってます♪

コメントありがとうございました。

x都人x
2016/03/28 (Mon) 19:10

今晩は
余りモノクロで撮ることが本当になくなりましたね~
ついつい~面倒ですぐに変換しちゃいます(笑)

ジャム
2016/03/28 (Mon) 20:08

こんばんは、お邪魔します。
モノクロ撮影良いですね。
私も今度やってみて
ブログに載せたいものですね(^_^)

Tory
2016/03/28 (Mon) 21:37

To x都人xさん

x都人xさん
こんばんは!
デジタルのモノクロモードはカメラ本体の画像処理エンジンで変換でてるだけなので、後で変換しても同じみたいですからねー
フィルムの頃とは違いますよね。
といっても私はモノクロフィルムで撮影したことは一度もありませんが・・・(^_^;)

Tory
2016/03/28 (Mon) 21:45

To ジャムさん

ジャムさんこんばんは!
デジカメのモノクロモードの撮影はカメラ本体でカラー情報を消し去っただけですが、PCやスマホで後からの変換じゃなく、モノクロモードで撮影してそのまま使ってみるのも良いと思いますよ!
最終的には撮って楽しいかどうか、人に見てもらったり、自分が好きかどうかだと思いますから〜

ちゃこ
2016/03/29 (Tue) 18:17

モノクロ写真を見るといいなぁと思いますが、実際に撮ってみるとなんか違う…
なかなか思ったイメージには撮れません。
本当に難しい…
といつも思います。

Tory
2016/03/29 (Tue) 20:56

To ちゃこさん

ちゃこさんこんばんは!
自分もモノクロモードで撮ってみましたが、補正無しの撮っただけは物足りなくて、写真の拙さが目立ってしまう感じでした。
やっぱりモノクロ写真は難しいんですね〜

kitahara
2016/03/29 (Tue) 22:33

モノクロ写真は撮った事ありません。
ブログに載せる写真としては、カラーの方が見る人に伝え易いという単純な考えです。

写真によってはモノクロの良さ(陰影)が活かされた作品も多いです。

何だか奥が深そう。

Tory
2016/03/29 (Tue) 22:51

To kitaharaさん

kitaharaさん
考えだしたらすごく奥が深いです。
でもそんなに深く考えて撮ってる人がどれほどいるか・・・
表現方法でもあるので、好き嫌いでもいいかもしれません。
仰る通り陰影なんかでシルエットを魅せたい場合はモノクロの方が断然カッコ良かったりします。
バイクなんかコントラストを強めにモノクロで表現するとしまった感じになってカッコいいですよ〜

しろしろⅡ
2016/03/29 (Tue) 23:17

こんばんは~

モノクロって陰影のはっきりした写真にしないと
雰囲気が出ないですよね~
光と影はやはり写真の基本なんでしょうか?
昭和初期の写真とか見ると味わい深いですね~

Tory
2016/03/29 (Tue) 23:41

To しろしろⅡさん

しろしろⅡさん
光と影が基本かどうかはよくわまりませんが・・・
人の目は見本も無しにキャリブレーションのように色を認識して正確に合わせるのって難しい気がします。
ちょっと暗い場所に行っただけで色の認識が落ちて違った色に見えてしまったりするので・・・
モノクロでもカラーでも明暗で判断するほうが視覚的には主体になるんじゃないですかね〜

面白いのは昭和初期のモノクロ写真もコントラストがしまったものや眠たい感じのフラットな写真もあってそれぞれ味わい深いです。
ただ戦中の写真はモノクロになると生々しさが薄れて現実感があまり感じられないのも良いのか悪いのか・・・
モノクロってそういった受け取り方もカラーより深い気がしました・・・
コメントありがとうございます!

Masaharu
2016/03/31 (Thu) 18:57

No title

初めまして、こんにちは。

モノクロで撮るということについて深く考えたことは無いので興味深い記事でした。
白黒写真は色の持つ情報が捨象されているので、被写体の陰影と質感に集中しやすいような気がします。
写真をみる私の意識が変わるという感じなのかな。
撮る際にモノクロを選ぶ時は、要素を減らせて深くするような気構えを持っているかもしれません笑

ひろ
2016/03/31 (Thu) 19:28

こんばんは^^
いつもありがとうございます~!!

モノクロ写真、好きですよ~♪カラーも好きです♪
レトロっていう言い方は失礼かもなんですが、私はゲームや音楽でも昔のが基本好きで、それに馴染むと当時の感覚に戻ったり・・・。
それらが20年後とかにリメイクされたりしたら本当に世代的に嬉しくなったりします(笑)

なので今の2016年でもモノクロで撮影しても・・・。
また新鮮な気持ちになれそうで・・・。
うまくは言葉にできませんが両方好きですし、今でもモノクロで撮影できるというのが嬉しいです♪

お写真、すべてとても綺麗ですよ~っ!!

Tory
2016/03/31 (Thu) 21:27

To Masaharuさん

Masaharuさん

はじめして、こんばんは!
確かにそうかもしれないですね~

写真とは違うかもしれませんが、アイキャッチのポスターや看板も時には色や形の要素を減らして、より主題をハッキリさせてるものもありますから・・・

「要素を減らして深くするような気構」なんとなくイメージしやすいです。
皆さん、なんでモノクロで撮るのかな〜ってイマイチわかってなかったですが、理屈より直感的に撮っているのもあるのかもしれないですね。

Tory
2016/03/31 (Thu) 21:30

To ひろさん

ひろさん、こんばんは!
時代背景や過去の記憶を呼び覚ます音楽のパワーって凄いですよね!
そして昔のゲームには今はないものも登場したりするのである意味新鮮なのかもしれませんね。
昔のゲームは演出も音楽も映像も情報表現が限られたため想像力が高まる気がします。

写真はモノクロになるとなんとなく時代経過の感覚が薄れるので
逆に2016年にモノクロで撮影しても・・・。 
時間経過がわからなくなって新鮮な気持ちになれるのかもしれないですね!
写真も情報要素が少ないモノクロの方がが想像力が高まる気がします。もちろん写真にもよりますが・・・(^_^;)

写真・動画