fc2ブログ

アイサイトを1年以上使ってみて

Tory
車・乗り物
このカテゴリ一覧を見る
2
コメントの投稿
スバルインプレッサスポーツi2.0
ようやく車ネタ・・・

aisaito01.jpg

クルーズコントロールが普及し始めた1980年台。
アコードやレジェンドなどのクルーズコントロールが昔から気になっていて「なんかいいな~」という憧れがありました。
しかしいつも高価なオプション扱いで、無くても困ることもない。結局今まで一度も乗ったことはありません。

にも関わらず試乗もせずにアイサイト搭載車を購入。
動画などでみていたのでどんなものかは理解はしてましたが、初めて街中で使った時は勝手に動き出す感じが信用出来ずちょっと焦りました。

全車速追従機能付クルーズコントロール
残念ながらVer.2でVer.3ではないです。

aisaito02.jpg

使ってみると一般道でも全然使える追尾システムです。
ただしアクセルブレーキを自動で判断し完全に停止するまで自動なので最初は怖かったです。

aisaito06.jpg

街なかで怖いのは交通の流れで車両の認識が途切れた時。

前方車両が走行していても、認識表示が出なければ止まらないだろうという感覚で突っ込んでいくのです。
もちろん前方車両がいるのにギリギリで認証するかどうかなんて試せません!
それでも今は認識途切れても慣れてましたが・・・
認識は上記写真のマルチファンクションディスプレイに出なくても速度メーターパネルにも車両認識表示が出るので慣れれば街中でも使えます。

ただ私の場合そんなに信用してないので、慣れても必ずブレーキペダルの上につま先を浮かせているので、最初はちょっと疲れました。それも慣れてしまいましたが・・・


親指一本のスイッチング
停止する時のブレーキだけで後はアクセルブレーキがお任せというのは確かに楽です。

aisaito03.jpg

渋滞した時ですが、ノロノロと進む交通状況ではかなりありがたいです。
しかし渋滞はそんな一定の速度で進んでくれません。
なので停止が2秒続くと追尾が解除されてしまうことが残念です。
それでも親指一本で「ピッ!」とスイッチ入れたらまた同じ設定速度で追尾を始めるので大した問題ではないのですが・・・


高速道路でのクルーズコントロール

aisaito04.jpg

よく考えてみると一般道より速度レンジの高い高速道路でカメラ任せってのもなんか不安です。
しかしそこは交通の流れが一定になる高速道路の方がずっと使いやすいです。
速度が高くてもブレーキペダルに足を浮かせる気が若干なくなりましたw
アクセル、ブレーキ操作が不要になるので3車線の左側を走っているなら気が楽です。

クルーズコントロールの上限設定は114km。
そのまま140kmまでアクセルを踏んでも追尾は解除されないです。
基本的にダメですけど。

アイサイトクルーズコントロールのレビューでブレーキは人間より上手と書いてる人が結構いました。
私もどんなものかと思っていましたが・・・
実際に使ってみるとそんなことは無いです。
緻密に検知してるとはいえ機械制御ですからやはり人間の微細な感覚には及ばないです。
雑なブレーキングだとアイサイトに負けるかもしれませんが・・・


ステレオカメラを研究をしてきた富士重工だから

aisaito05.jpg

正確に距離を測るのはミリ波レーダーの方が適しています。
なのにNCAPやYouTubeなどでみるミリ波レーダーを使ったテストでアイサイトを比較すると、他のメーカーよりアイサイトの方が自動停止も優れているようです。

一番有利なのは距離計測にミリ波レーダー、物体や車線はステレオカメラの2種類で対応出来るセンサーが良いんでしょうが、それではコストが上がってしまうのでステレオカメラのみに拘って進化させてきた事に今のアイサイトの完成度があるようです。

Ver.2で約10万円という価格でのリリースされた時は今後の自動運転システムの発展予感をさせられました。
といってもアイサイトは運転支援システムですけどね。


完全に認識しない時があるアイサイト

Ver.2は2つのモノクロカメラで距離や形状を測っている。
モノクロは色が違っても濃度が同じ%だと同じに見えるので認識しない時があるのです。
Ver.3はカラーなのでそんなことはないですが・・・

天候にも左右されます。
意外にも雨の日は問題は無かったです。
一番問題があるのはバイザーを使用しないと見えないくらいの強烈な朝方と夕方の逆光。
これはアイサイトの動作が直ぐに停止します。
基本的には人の目のようなステレオカメラなので人の目で見て極端に見難い時は動作が停止してしまいます。

当然濃霧や窓ガラスの曇りもダメですね〜


緊急時の自動ブレーキシステム

aisaito07.jpg

自動ブレーキシステムは手動で解除とかあるのですが普段の駐車場などではいちいち解除しなくても問題なく駐車出来ていたのでそれで慣れていました。

本来なら緊急時の自動ブレーキを体験するのは難しいです。
数回あったのが目の前にある木の植え込みに近づいての駐車時。
瞬時に「ピーー」というブザー音と同時に緊急停止。
プリクラッシュブレーキはギリギリの距離でないと介入してこないことがよくわかりました。

あとは1回だけゆるいカーブを30kmで走行中。
障害物も何も無いと思われる場所でかなりの強いブレーキがありました。
そういう時は結構焦ります・・・


車線逸脱警報は意外と正確でウルサイ?

約40km/h以上で走行中に車線から逸脱しそうになると、警報音と警告表示で注意を喚起します。
Ver.2は対象を白黒で認識認識しますが、それでも歩行者、自転車、バイクの形状も認識してくれています。

対面車線の駅前のごちゃごちゃした狭い道。
左に停車した車を追い越しながらスレ違で車線逸脱警報が鳴るかとおもいきや警告は出ませんでした。
その辺は物体を正確に認識するステレオカメラ。
車幅と通れる道をしっかり判断しているようです。
うーん!人間の目のようにちゃんと見てるんですね。


インプレッサスポーツ2.0i
ちょっと車の紹介・・・

今まで直四ばかり乗っていて始めてスバルの水平対向エンジンに乗りました。
若干水平対向エンジンサウンドが違う?という感じで特段大きな変化は感じませんでした。

インプレッサといっても所詮はファミリーカー。
刺激も無ければそれほどインパクトのある車ではありません。

aisaito08.jpg

ただ熟成したアクティブトルクスプリットAWDの走行性能は見るべきところが多いです。
60対40を基本に走行状況によりトルク配分を制御するシステムは素晴らしいです。
スバルのブランドイメージを裏切らない雪道の安定感は抜群です!


意外と気が付かない4WDの落とし穴

aisaito09.jpg

スタットレスさえ履いていれば、写真のように若干車体が埋まるような雪道での登坂も余裕でラッセルして登ります。
ただし4WDの落とし穴はFFだったらコレは無理だなーって思うような坂を難なく登ってしまうという危険性なのです。

4WDはエンジンブレーキは4輪にかかりますが若干重いので下る性能はFFと変わらないです。

一度大雪で道路が通行止めになってしまい、仕方なく山の抜け道を使った時がありました。
4WDに頼ってギリで登るだけ登ったら目の前には、まさかの長い急勾配直線の下り坂。
そのまま侵入したら止まれず下まで滑走!激突です!
明らかに降りられないとわかり、戻っても急勾配は変わらないので恐る恐る下り坂に侵入。
案の定エンジンブレーキ、ABSなど効かせてもタイヤのグリップがついてこないので車両は一気に滑り出します。
道が狭い長い下り坂だったこともあり、サイド引いて車体を横向きにしながらワザとガードレールに少し当てながらジグザグに下りました。
下につく頃にはバンバーが外れ前後に若干キズ。大破よりマシです。

その体験以降、雪道の登坂は降りることを想定してかなり慎重になりました。
今はFFの車両の人より雪道を過信しません(笑)


フルタイム4WDの燃費

aisaito10.jpg

フルタイム4WDなのに燃費が良い。
2月の土曜日(昨日)の朝9時から暖房つけながら、ほぼ街中の一般道を走行して山方面へ
1時間半の約50kmで区間平均燃費は12.3km


aisaito11.jpg

昨日の帰りは暖かかったので暖房つけずに山道、高速、街中を走って
1時間半の74kmで区間平均燃費は16.5km
フルタイム4WDと考えたら優れた燃費だと思います。

とくに街中ではアイサイトを使うと燃費は向上します。
アイサイトを使うと出だしのもたつき感があるので、やはり発進時が一番燃費に影響するようです。
とにかくアイサイト制御だと加速が穏やかです。
てかじれったい・・・

アイサイト無しで加速したい時に気を使わずアクセルを開けていると、目で見てわかる極端な燃費の落ち込みです。

アクセルを踏む→加速する=楽しい。そういう感覚が自然と遠のいていきました。

ある意味それは良いのか?悪いのか?
とりあえず、一度燃費を気にすると、アクセル踏む気力が無くなりました。

aisaito14.jpg

CVTの違和感
燃費向上として最近の車は殆どCVTが使われています。
私がCVT車に乗ったのはこの車が初めてでした。
CVTの制御は違和感があると聞いてはいましたが・・・乗って感じたのが「コレか〜」
ぐっとアクセルを踏み込んで加速していくとAT車と違ってエンジンの回転が後からついてくるような違和感が・・・
加速はしているのに吹け上がらない感じですかね。

原理的にはスクーターと同じですから、以前乗っていたホンダのビックスクーターフォルッアを思い出しました。
あまりいい感じではないですね〜
こういうことに関してはうやっぱりリニアに加速するMTがいいな〜(笑)


加速と燃費

最近は巡行時の燃費向上のためダウンサイジングターボが主流ですが、
改めて見るとインプレッサスポーツ2000ccて結構排気量あるじゃない!って思います。

aisaito12.jpg

燃費さえ気にしなければ・・・
CVT制御とはいえ、さすがに2000ccもあれば結構な加速をしてくれます。

CVTの制御では「Sモード」があるのですがコレをポチると普段のモッサリ感がなくなります。
アクセルレスポンスが良くなってキビキビと反応してくれるのでとても気持ちいいです!
ただし調子にのってると燃費もガクッと落ちて気分は良くないです。

心理的にこの「S」ボタンに触れなくなる(;・∀・)
私はいつからエコドライブなスタイルに変わったんだろう〜(笑)

aisaito13.jpg

「S」モード
因みにこの「S」モード単に「S」モードに切り替えたからと言って燃費が悪くなるわけではないです。
アクセルを踏んだ時の反応が良いので踏んでしまうから燃費が悪化するのであって「Sモード」でもアクセルを踏まないようにすれば燃費は悪くなりません。

それにしてもバイクは燃費を全く気にしないのに
車に乗るとどうしても気にしてしまう・・・
しかも最近のエコカーと比較するとバイクは燃費が悪いのに・・・
それでも車の方が気になってしまうのって何故なんでしょう〜

以前のガソリン高騰と、燃費計が嫌でも随時見えるのがいけないのだろうか・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

SHARE

コメント 2

There are no comments yet.
NORIX
2016/02/17 (Wed) 15:23

はじめまして、こんにちわ。
足跡からお邪魔致しました。

もし宜しければ、またいらして下さいませ。

まずはご挨拶まで・・・。

応援ポチっと完了です!!

Tory
2016/02/18 (Thu) 11:36

To NORIXさん

NORIXさん
お越しいただきこちらこそありがとうございます。

車・乗り物