FC2ブログ

Bi Tory

本を読まないとどうなる?

Posted by Tory on   6 

そもそもなぜそんなに本を薦めたいの? hon01.jpg  

「この本は絶対為になるから読みなさい!」 
 「本を読みなさい。読みなさい・・・」 とにかくずっと前から言われてきました。 
会社に入っても上司から周囲から言われ続けました。 
最近も言われます(笑) でも相変わらず本を読まないダメな大人の私です。 
でもホントにダメなのか? 
あんまり言われてイラッとくることもしばし・・・ 
読書の習慣が全くない私は読もうとしてもストレスで胃が痛くなりまそうです。
  hon02.jpg  
小学生でも読書はするのに、この年齢で何言ってやがるんだこのオッサンは!と言われそうですが 私は子どもの頃にスパルタンな親から強制的に本を読まさた影響で 大の本嫌いになってしまったのですから仕方ない。 


  本を読まないとバカになる?
hon03.jpg  
本を読まないと知識不足でボキャブラリーが薄いとか話が面白く無いとか
そんなことを聞いたことがあります。 
でも本を沢山読む人でもボキャブラリーが薄くて話が面白くない人沢山いませんか?
  hon04.jpg  
以前、本を沢山読む人から「本を読め!」としつこく薦められました。
その人が読んだ本の中に「バイクが出てくる小説」があったので
「この本に出てくる主人公ってどんな感じの人なの?」って聞いてみたんです。
するとその「バイクが出てくる小説」はその人にとってはイマイチ印象が薄かったのか
超簡単でぼんやりとしたあらずじ意外は殆ど覚えてないんですよ。
え〜マジですか・・・200頁超える本を読んでおいて人に説明出来るのたったそれだけ?
そういうのみちゃうと、やっぱり私は本に価値を見いだせません。
(自分よりな屁理屈ですが・・・) 

  本を読まないと成熟社会で生き残れない?
hon05.jpg  
確かに時代は成長期から成熟期に突入しています。
良質な深い知識と情報編集力ってのが問われるかもしれないです。
ですが本を読まないと今後の社会で生き残れないとかは言い過ぎでしょう〜
思うのですが沢山の本を読んでその知識が使われる事がないのは
私には勿体無く思えてイマイチ理解できないのです。
  hon06.jpg  
その時必要だから本やネットで調べるわけです。知りた時に本を読むのはわかります。
ですがいつか使えるかもしれないと思って読んでおこうとしても
人間の脳はハードディスクのような正確なデータバンクではないのです。
印象に残って楽しいと思った旅行ですら時間とともに大半を忘れてしまうのが人間です。
読んだ本も結局内容は覚えてなくて必要なときに出せないなんて・・・
「(゚Д゚)ハァ?」ですよ・・・

そんなの使わない物をやたらとっておいて何処にしまったかも分からなくなるのと同じでは? それって思うのですが、本を読み続けているだけならずっとインプットの繰り返しです。
それでは「この本を読んだ」という満足感で教養を得たと錯覚してしまいます。
そんなことで教養になるのなら本を読むだけで世の中苦労知らずですよ。
教養を得るには実際にアウトプットをしてその本で得た知識を使っての話だと思います。
本を沢山読む人が毎回読んだ本の知識を使ってアウトプットしてるとはとても思えないんですけど・・・ 読む量より出す量じゃないですかね〜?


インターネットより本の方が優れている? hon07.jpg  
確かにひとつのカテゴリーに絞って深く追求した時には本の情報は濃い気がします。
ですが欲しい情報や読みたい内容を探すとなるとどうでしょう?
検索で言ったら圧倒的にネットサーフィンです。
本を読まないと思考回路が浅くなりテレビなどの情報を鵜呑みにするなどと言われてますが・・・
本だって、パッケージや宣伝文句のコピーに踊らされて「いいの見つけた!」と読む人は少なくないはずです。
そしてその本の言ってることに共感出来たからといって決っしてソレが正しい訳じゃない。
確かに本よりネットの方がいい加減な情報がありますが
数ある同じジャンルで同様の情報が集められれば信憑性は上がります。
本にはベストセラーがありますが、それは多く売れた本であって専門的でコアな情報とは違います。 「情報を鵜呑みにする」というのは本を読まないからでは無いと思います。

hon0502.jpg  
とは言ってもネットと違って本は懐深く詳しい内容が書かれているのは私の認めます。
ひとつのカテゴリーを掘り下げて踏み込む時は本の情報量に敵わないと思います。

インプットよりアウトプット
私は本を全く読まないから胸をはって言ってしまうのですがw
アウトプットこそ重要なのです!
インプットという記憶が苦手なんですけどね。
アウトプットの良さはインプットで得た情報と今までの経験や知識も少し合わせてブラッシュアップするので インプットの時より情報に付加価値がついて容量も増えると思います。
組み合わせで複合的な考えも生じるので、アウトプットはとても重要だと思っています。
  hon08.jpg  
例えば、私が覚えた知識に写真があるのですが、もちろん自分が教えられる範囲で初心者の人に教えるとします。 一見すると自分が知っている事を人に教えるので自分には得は無いように思われますが、それはとんでもないです!
自分が知っている事でも人に教える時に改めて気がつく部分が多々有りますし、教えてる最中に新しい発見や新しいやり方が所々で出てくるのです。 まさに眼から鱗のアウトプットなのです! 


  意味のあるアウトプット
人に教えるアウトプットはとても意味があると思います。 hon09.jpg  
ですが得た情報をただSNSで貼ったり、人に話すことは単に情報を横流しする
うさ和話の伝言みたいなもので意味のあるアウトプットとはいえない気がします。
得た情報で自分なりの価値観を加えたり、情報についての対策や方法論などを出してこそ インプットした情報がアウトプットで使われた事になると思います。
本でインプットした情報も自分の考えを加えて行動に移すことで始めて活かされる気がします。

本の魅力はわからなくはない
もう一度言いますが、私が本を読まないのは読むとストレスなので読まないだけで
本の存在を否定してる訳ではありません。
むしろ自分でも読めることなら読みたいと、どこかで思ってはいるのです(^_^;)
  hon10.jpg  
仕事の打合せで、本を沢山読む人同士が、本について楽しそうに語っているのをみると
なーんか知的で楽しそうだな〜って
その人たちを見ているだけで本の持つ魅力というものにどこか惹かれる私なのです(笑) 
本には色々な表現や言い回しもあるので 文字を書くにしても本を読んでいる人の文章はきれいなんでしょう。 自分みたいにおかしな日本語を書くこともないでしょうし・・・
まータイトルの「本をよまないとどうなる?」っていうことで 結論を言わせてもらうと、
本を読まなくてもどうもなりません。
別の方法でもなんとかなります!
もちろん個人的な考えですけどね!
おそらく私はこの先も本は読まないでしょう〜(;´∀`)

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 その他ブログへ


Tory

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

6 Comments

NAHKI says..."同感です。"
私は学生時代、本好きが高じて過去に本の編集とデザイナーの仕事をしていました。
仕事柄、逆に活字にまみれ過ぎて本を読めなくってしまいました。
文字や内容よりもページ全体のデザインが気になってしまったからです。
今の時代「活字離れ」が多いといわれていますが、逆にネットやスマホの普及により「活字中毒」の人が多いと思います。
調度今回のBiTroyの記事を読ませていただき、非常に納得して…
私の中のインプットやアウトプットに対するモヤモヤが解消されました。
ありがとうございます。
一番、ビックリしたのが文章力やボキャブラリーのあるBiTroyさんが「本好きでない」ことでした(笑)
今後とも楽しく記事を読ませていただきます。
私の稚拙なブログもよろしくお願いいたします。
2016.02.05 23:27 | URL | #- [edit]
Tory says..."To NAHKIさん"
NAHKI さん
コメントありがとうございます。
編集とブックデザイナーもされてたことがあるんですか〜!

それにしても活字にまみれ過ぎて読めなくなるってあるのですね。
内容より構成の方が気になるのは少しわかる気もしますが・・・
私もデザインは多少関わりがあるので(笑)

インプットしても使わないと忘れてしまいますからね。
PCソフトの講習で優秀な先生に教わってもそれを使わなければ数日で忘れてしまいます。
インプットはアウトプットで使ってあげないと淡く消えやすい記憶ですかね・・・

活字中毒はたしかに現代ならありますねー
でもそうなるとスマホ中毒???w

稚拙なんてとんでもない。読めなくなったといっても本や活字に沢山触れたわけですから!
私こそ本を読まないのは子どもの頃からなので筋金入りです。
時々おかしな日本語になってますが人様のブログも参考にして言い方も直してます(^_^;)
2016.02.06 01:02 | URL | #- [edit]
どーもと says...""
こんにちは。どーもとと申します。


いつも楽しくブログ拝見させていただいています。
初めてコメントさせていただきますm(__)m


僕はどちらかというとToryさんとは反対の意見です。
でも、Toryさんに何故かやたらと本を薦める人達とも違う意見です。(笑)



記事を読ませていただきまして、読書=アウトプットするものという点に少しひっかかりました。



「本」と言ってもいろいろあると思います。
正直、流行のビジネス書や自己啓発本の類い、そして最近の小説は時間の無駄かなと思ってしまう時があります。特に、自己啓発本やハウツー本みたいなものはネットで十分だと思います。書籍になっているからといって必ずしも良いもの、信用のおけるものではありません。


それから、本を読む目的によっても変わってくると思います。

Troyさんのようにアウトプット(誰かに伝える・教える・本で得た知識を何かで実践する等)を目的にされている場合は、それに適した本選び、本を読む時期などが重要だと思います。


例えば何かの教則本を手に取ったとして、その作者等によってわかり易さや、内容の密度なども異なってきます。また、いつ使うかわからないものを読んでも実際に実践する時には忘れているかもしれません。(これに関しては付箋をつけたり、ノートやWord等にまとめ、さらに復習を重ねることで対応できることもあります)

アウトプットするためにはさらに読み方も重要で、ただ漠然と読むのではあまり意味がありません。


ただ、僕が思うのはアウトプット以外を目的にして本を読んでいる人もいるということです。例えばインプットそのものを目的としているケースです。


まず単純に読書自体が好きな人。
例えば、推理小説を読みながら自分も推理することを楽しんだり、スリリングな展開にドキドキするのを楽しんだりといった感じです。


もう一つは、人間性を深めるために読む。ということです。
例えば、夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、ドストエフスキー、スタンダール、トウェイン等の文豪達の文学作品を読むことでうわべの知識ではなく自分自身の人間性に厚みをもたせることができます。また、物語の登場人物を通して自分がリアルでは経験できないことを経験することが可能です。


これらに関しては読書以外の、インターネット等の方法で代用する事はできません。
逆に言えば、ただ単に情報を拾ってくるだけならばインターネットの方が優れていると思います。



最後に、学校の先生が子どもに本を読むように指導することは当然のことですし、良い事だと思います。


ただ、社会人になっても周りの人に本を読むように強く薦めてくる人ってどうなんでしょうか。

「この本がおもしろいから」薦める。「この本を読まないと業務に差し支える。もしくは業務の役に立つから」薦める。というのであれば理解できるのですが、そうでない場合は、
今まで普段あまり本を読んで来なかった人が、本を読むようになって、本を読むことはすごいと思い込み、捻じ曲がった優越感から本を読まない人に対して自分の方がすごいんだぞと残念なアピールをしているように見えてしまいます^^;


僕は本が好きですし、おもしろい本があったら人からおしえてもらいたいですし、逆におもしろい本は薦めたいと思っています。

ですが、もちろん相手が本を嫌いなのであれば薦めません。


僕は本を読みますが、それと同じくらいインターネットから情報も仕入れます。目的によって使いわけています。


すみません。ダラダラと長文を書いてしまいました。


ただ、「アウトプット」だけが読書ではないと言いたかったのと、


「他の方法でなんとかなる」という結論がちょっとひっかかりまして…


読書でしかダメなこともあると思います。


大事なのは「目的」によって使い分けることではないでしょうか。


ただ、これはあくまで僕の個人的な意見ですので、興味がなければ聞き流してくださいm(__)m


今後もブログの更新を楽しみにしています!!
2016.02.06 12:55 | URL | #- [edit]
Tory says...""
どーもとさん
コメントありがとうございます!

確かにそうですね。私の書いた内容が中途半端で不足があるのですが、いろいろ含めて書くと記事が長くなってしまうので絞ったつもりです。

読書=アウトプットとという考えではありません。
=ではないということです。

もちろんインプットそのものを目的としている小説などの文豪作品のことも理解できます。
仕事でもそういった文豪の作品に携わることがあり、そういうものから刺激や影響を受け人間性などが養われるということもあるかと思います。
でもそういった文豪の方は文章だけでなく人物像だったり生き方だったり、その人が好きだった趣味などいろいろなものからも刺激を受けます。
小説を読むことでワクワクしたりときめいたり様々な感情になることもわかります。
私の場合でいうと映画やドラマそういったものでも生き方や人間性にも影響は受けます。

活字や文章に対する読み方、受け取り方も物事を捉える上では重要なことはわかっています。
確かにその点は私は弱いと思います。

記事にも書いてありますが、私は本の存在を否定はしていません。
自分は読まなくても人が読むことに対して批判などするつもりもありませんし
読んでる人たちに対しては逆に良い印象しかありません。

ただ強要するかのように押し薦めてこられるのは嫌ですし、その本を読むだけで教養になると薦る勘違いした人がいることに焦点を合わせたつもりです。
アウトプットもそこに対して向けたつもりなんですけど・・・(^_^;)

本を薦めて来る人に自分が共感したことを他人に進めたいという意識がみえることが多々あります。
気持ちはわかります、映画やドラマも同じですから・・・
でも本を読まないとわかっている人間にそれはは余計なお世話でしかないのです。

どーもとさんはそんなことしないと言っていますがする人はいるのですよ。

本を読まないと生き残れないなどと思っていません。
そして「他の方法でなんとかなります」はやはりそう思っています。
それは本の代わりが全て別の方法で賄えるということではありません。

なぜなら人が生きていく上の選択肢はそれぞれあるからです。
本には本の持っている優れた点があり、ネットにはネットの優れた点がある。
どーもとさんの仰るとおり、読書でしかダメなことも存在すると思います。

確かに読書にネット両方のいい部分を活かせた方が素晴らしいでしょう。

ですが生きていく選択肢で必ずしも両立する必要はないと思っています。
無理に本を読むより別の方法を伸ばすという考えはあってもいいというより、そう選択するのは個人の自由だからです。
それが必ずしも本と同じ効果は得られなくても自分の得意な部分で強いものもあれば、苦手な部分の弱いものもある。

大切なのは手法を固定して決めつけることではなく、そういう生き方もあるけど、こういう生き方もあると認めることではないでしょか?
ですので私は本の存在も否定はしないのです。

本という大きなテーマをすべて含めて捉えてしまうと、ブログでの記事で語れるほど簡単なことではありません。

ですので中途半端な書き方で失礼しましたが、反対意見は自分の考えや書いたことなどを再度見直すキッカケになるので改めて勉強になりました。(`・ω・´)ゞ
2016.02.06 14:15 | URL | #- [edit]
ひろ says...""
なるほど。今回も勉強になりました。

私は本は漫画ばかり読んでて小説は人生で数回した読んだ事がないのですが。
漫画で漢字を覚えたり言葉を覚えたりとかそういうのは得たものでした(笑)
それ以外だと・・・。インターネットのwikipediaとかで情報得たりとか。
新たな言葉覚えたりとかそんな感じですね。何か本筋反れてたらすみません><

それと記事の女の子が皆可愛くて見とれてしまいましt(蹴

2016.02.12 15:46 | URL | #cN5P95Lk [edit]
Tory says..."To ひろさん"
ひろさんこんにちは!
本は自分のペースで読むといいですよ。

マンガでもwikiでもいいじゃないですか。
そこから漢字や言葉を覚えたりしてるんですからw

本ばかり読んでる人でたまに頭でっかちの人がいるのですが、
難しい言葉をつかってれば知的に見えるようで(笑)
伝えられるセンスが無ければ意味がないんですよ。
そういう人に限って「理解出来ない奴がバカ」と相手を見下す。
人のせいにして自分のセンスの無さに気がつかないんですよ。

世の中みんなが同じ基準で動いてないので
現実にコミュニケーションがとれないとそうなってしまう事もあるみたいですね〜

記事女の子。さすがひろさん男の子ですね(笑)
2016.02.12 16:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する